もう、「 思い出」にしか出来ないの?【復縁】

     秋の日のヴィオロンのためいきの身にしみて

 

     ひたぶるにうら悲し。

 

     鐘のおとに胸ふたぎ色かへて涙ぐむ

 

     過ぎし日のおもひでや。

 

     げにわれはうらぶれて

 

     こゝかしこさだめなくとび散らふ落葉(おちば)かな。
                                  落葉 (ポオル・ヴェルレエヌ)


外は雨、次第に暗さを増す景色を眺めながら、
貴方は別れたあの人を思っています。


「どうして、あんな事、言ってしまったのだろう」

「何故、あんな態度しかとれなかったのかな」


心の中は後悔ばかり。
過ぎ去った幸せな日々が、走馬灯のように脳裏を駆け巡ります。


もはや取り戻すことの出来ない宝物、
その思い出だけを大切に胸にしまって、
貴方は生きていく? それしか道は無い?


本当にそうでしょうか・・・。

それで貴方は満足しますか? 

自分の気持ちを封じ込めたまま、
これからの長い人生を歩いていくのでしょうか。


きっと、何か忘れ物をしたような虚しさが、
ずっとついて回るんじゃないですか?



一度は、互いに思いを寄せ合った二人。


それだけに、別れの辛さは格別でしょう。


その辛さを糧にして、もう一度、二人で歩み始める方法を探す、
これが『復縁』です。


今まで二人が辿った道程を見つめなおしてみましょう。


そして、特に自分のそれまでを振り返ってみること。

そうすれば、必ず道は開けます。


貴方も、そして相手の方も、別れた時のままでは無いはずです。


もし、そうならば、

「多分、ダメだろうな」

「一度、壊れた関係だもん」


そんな思い込みで自分を縛る前に、


「何かできることはないんだろうか?」


こう考えた方がイイでしょう、そう思いませんか?


恋愛の初めには数々のテクニックが必要です(覚えがありますよね)。


それと同様、イヤ、それ以上に、
お互いの関係を修復するには、
手順に沿った努力、そして相当な技巧を必要とするんですね。


「私の気持ちをわかってください」


これだけでは、巧くいくものもダメになる場合が多い、
という現実がこの世には存在します。


間違わないことは勿論、最も効果的な方法が有るなら、
誰もが知りたいと考えるでしょう。


安心してください、それは確かに有るのです。
それも貴方が「ナルホド~」と大きく頷くような内容で。


私の頭の中には、貴方の納得した顔が映っています。

勿論、晴れ晴れとした笑顔と一緒に。




どうぞこちらをご覧ください。

>>復縁マニュアル決定版 復縁ガイドブック




a:1158 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.25
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

QLOOKアクセス解析